スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西戦おまけ

今日は剣豪とか来期の事とか書く予定でしたが、ちょっと思う所があって予定変更です^^;


東西戦について、ちょっと書いてみようかと思います。

多分、賛否両論分かれると思いますので、今まであまり触れないようにしてきたんですが・・・。


まあ、こんな考え方もあるんだよ、こんな経緯でこうやってるんだよ って

参考程度に読んでもらえればと思います^^;



まず、毎回飽きもせずに問題となる 「ソロ特攻」。

他のブログを覗いたら、色々な意見が書き込まれてました。

これについては、以前に考えを書いたので省略w




今回は 「コールドゲーム」 についてです。


「20時にコールドで終わったら、それ以降に帰宅した人達の楽しみを奪うことになる」

という意見。

確かにそうですね^^;

帰宅して、「さあ、合戦だ~!」と思ったら、もう終わっていた・・・ではガッカリでしょう。


私は前期は廃が多い修羅の国・石田家におりました。

東西戦においては砦さえ落ちた事のない、非常に強くて纏まりのある国でした。

補佐もやっていましたので、当然盟主会にも参加。

そこでは 「夜組の為に砦を残してあげよう」 という提案がなされ、前日のうちに通達。

夜組は夜にしか陣張りも出来ませんから、ちゃんと早めに通達をしてありました。


その結果・・・・。

人の集まりは悪く、陣張りさえまばら。

当日になって、「夜組って、いったい何時まで待てばいいの?」 という疑問が。

夜遅くに参加する予定の人もいれば、翌日は朝早いから遅くまでは無理な人もいます。

昼から参加してくれている人達は 「待ち時間」が異常に長くなり、

そうこうしているうちに、相手に追いつかれてくる。

盟主会や国の茶室に集まっている人達からも、「このままじゃ負けてしまう」

「何時に開始するの??」といった焦りや不満の声も聞こえ始めます。


そこで、砦や大殿陥落させるのに十分な人数が集まった時点で、時間を告知して攻撃開始をすることに。

これでも、「夜組は遊べない」という不満が出るのであれば、もうそれは仕方ない事ではないでしょうか。

全員を満足させるやり方なんて、何処にもありません。

考えてみれば、同盟で盟主攻めをする時だって、全員が集まるのを待つなんてことはありません。

「ある程度の人数が揃ったら開始」です。

私だって、INしたら盟主攻めが終わっていた・・・なんて経験は沢山あります。


ここまで「夜組」の為に作戦を考えても、どうにもならなかった経緯があります。

今期、78鯖と統合になり国も変わったところで、コレは変わらないと思います。


別に「夜組」はもうどうでもいい・・・という考えではありません。

「夜組」の方々も、本気で参加したいと思っている人達は、ちゃんと作戦を尋ねてきます。

その上で、「先回り」をして陣張りをしています。

そこまでやっていたのに間に合わなかったなら、それは「すみませんでした」と言うしか・・。


広大な戦場ですから、いきなりタゲを言われてもIN時間の少ない人は付いていけないでしょう。

結果、ソロ特攻で遊ぶしかないと判断するのかもしれません。


作戦を教えてくれるのを待つだけの「受身」の姿勢でいるのであれば

東西戦に関しては 「一緒に合流をして遊ぶ」のはかなり難しいと思います。

国単位で作戦を考え、指揮を取り、同盟なんかとは比べ物にならない人数を纏める人達は

裏で大変な思いをしながらやっています。

当然、細部にはなかなか目が行き届かないものなのです。



ならば「勝敗は関係なく、それぞれが楽しむ事」だけを考えればいいのでしょうか??

それは違うと思うんですよね~。

IXAは国単位で戦って、「勝つ事を目指す」対人ゲームだと思っています。

例え東西戦というお祭りであっても、「勝ち」に拘るのは当然かと思います。


私は以前、連合常連で2ヶ月もの間負け続けた弱小国におりました。

まだ防衛有利だった時ですが、連合でも負けてしまう状況に同盟員のモチベは落ちて行き

なんとか楽しみを見出すために、盟主攻めを沢山やっていました。

一度の合戦で、2~3の同盟。多いときは4つくらい攻めたでしょうか。

出来るだけ多くの人に参加してもらおうと、苦肉の策でした。


でもね、モチベ落ちてくるとそんな程度じゃどうにもならないんです。

「負け続ける」とこうなっちゃうんだ・・・って物凄く悲しい思いをしました。


今期の大友も、最初の東西戦までは連合ループにハマってしまい、

「このままでは、皆のモチベがヤバイ!」って状況でした。

これを抜け出すには東西戦で勝つ以外に方法がなく、それで盟主会を本格的に始動させるなど

かなり奔走したつもりです。

皆と楽しくやるには、誰かが頑張るしかないですからね^^


東西戦では逆転勝利を収め、国のムードも同盟間の連携も強くなりいい国になれたと思います。

あの時負けていたらと思うと・・・ゾッとしますね^^;


たった一度の「勝ち」でこれほどまで変わるんです。

確かに「たかがゲームの勝敗」です。

「勝ち」に拘る余りに、夜組を含めて多くの人が不満を持ったかもしれません。

ただ、多くの人が楽しめた事もまた事実としてあるわけで、

全員が楽しめるやり方は、残念ながら見当たりません><



その辺は仕様の変更に期待するしかないのかも・・・・・。



アクティブ人数が大友家は多いという声もありましたが、それは間違いですw

準備期間の陣の数・・・徳川と大友はかなり少なかったですね^^;

もうね、ソロで砦落とせるんじゃないかってくらいでした。

合戦が始まっても、大友茶室には10人もいなかった><

なら、何故勝てたのか・・・・。

そういえば不思議ですね・・・・・・・。

作戦勝ちって感じなのかな?? よく分かりませんがw



長くなりました・・・・・・。

なんとなくでも、コールドにしてまで「勝ち」に拘った事、

「夜組」を最初から捨てるつもりは無く、前期から試行錯誤していた事は伝わったでしょうか??

・・・・ちょっと無理かな^^;




最後に、艶は戦功独占する為に自分本位で作戦を立てているわけではありません。

セラさんのブログにちょっと触れてあったので、それで良しとするつもりでしたが・・・。



足利大殿攻めの時、艶は大友砦3を死守していました。

大殿の合流に乗れた人もいましたが、一部隊程度です。

みんな、砦に加勢を入れ、陣を攻撃し・・・必死で防衛していました。

寿司さんなんかは防衛剣豪まで使って、最後は防衛武将がいなくなりました。


砦防衛は誰かに任せて、自分達だけは攻撃に回るような同盟ではないので

そこは誤解のないように書いておきます^^;


大友砦3は無事に守れました。

最上大殿攻めの時も、攻撃に参加したのは4名だけです。

他の人達は、必死で砦の防衛をしてくれてました。

これも書いておかないと怒られるかなww




全員が楽しめる仕様ではない以上、アチコチで様々な不満が上がるのは仕方ない事だと思います。

ただ、裏方として動いている人達は、常に試行錯誤しながら

出来るだけ多くの人に楽しんでもらえる事を考えている・・・。

それだけは忘れないで欲しいと思いますけどね^^;




まあ・・・・そうじゃない国もあるのかもしれませんが、他国の内部事情まで考えるのは

到底無理な話ですね^^;









スポンサーサイト
プロフィール

愛姫

Author:愛姫
私の大事な帰蝶姐さん
・鉄砲隊円陣 Lv10
・弾幕防壁陣 Lv10

普通のスキルだけど、ちゃんと1軍で使います。
「愛だよ・・・愛」

お知らせ
アフィリエイト・SEO対策
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
いらっしゃいませ~
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。